私の業務方針~ワンストップによる事件処理


 私の業務方針は、依頼者の方が日本に帰国することなく海外で通常の生活を送りながら、事案の処理に先立って着手金や報酬等の金銭を支出することなく、事案を迅速かつ適切に解決することです。
 

 私は、時には相続・遺産分割問題に関連して、また時にはこれ独自に国内の不動産関係の法律問題にも多く取り組んでいます。弁護士資格の他、マンション管理士および宅地建物取引主任者の資格を保有し、不動産取引に精通しているのも、これまでの弁護士業務の経験上、海外にお住まいの日本人の方々の日本における相続問題や遺産分割問題を解決する上で、取得した遺産である不動産の現金化が必要となる場合が大変多いからです。
 

 日本の弁護士の中には、裁判や調停など弁護士が専門とする業務にのみ専心し、その後の遺産の現金化・税金関係の処理・海外への送金などについては積極的に関与しないという姿勢を持たれる先生方が、残念ながら少なからずいます。しかし、やっとの思いで弁護士を見つけたのに、今度は税理士を探し、不動産業者を探さなければならない、誰が遺産(現金)を手元に届けてくれるのか・・・。海外にお住まいであればなおのこと大変です。
 

 私は、事案の解決において、常々「出口」を大切にしています。相続・遺産分割問題の解決における「出口」とは、依頼者である相続人の利益を最大化するため、不動産をより適正な価額で迅速に売却し、税金問題で後にトラブルが生じないように処理し、かつ、確定した依頼者の遺産(金銭)を迅速にお送りすることであると考えます。
 
すなわち、私の業務方針の核をなすのは、いわゆる「ワンストップ」による事案処理です。
 

 そのために、私は、常に税理士や司法書士の先生方と協働し、また、不動産業者と連携をとって事案の解決にあたっております。また、これまで数多くの相談の中で、相談者の皆様の多くが気にかけている永代供養やお墓の問題についてまでお手伝いいたします。さらに、最近では、本格的な高齢化社会を向かえようとしている昨今の日本社会の現状を見据え、海外と日本とで離ればなれとなっているご高齢のご親族、とりわけ特にご心配であろうお一人でお暮しになっている方々の介護の問題についても積極的に取り組んでいきます。具体的には、比較的新しい制度である「任意後見契約制度」などを活用しております。
 

是非、お気軽にご相談ください。
 

弁護士法人 岡田綜合法律事務所
代   表 弁護士 岡田 一三

東京直通TOLLFREEの電話番号:

1-800-662-2791

日本時間7:00~21:00

Email: iokada@okadalawoffice.com